NEWS
HOME > ニュース 

ニュース

赤ライン1

高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会関西地域プレーオフ New!

2021年11月26日

 

【総括】

今年度の目標として掲げていた「高円杯関西大会出場」及び「1回戦突破」を達成することができました。この1年間さまざまな場面で応援していただいた皆様にこのような報告できることをスタッフ一同たいへん喜んでいます。

コロナ禍のために遠征や強化合宿もできない中、工夫しながら個々の能力を高めてくれた選手たちを誇りに思います。これからも選手の可能性を信じて活動して参りますので、よろしくお願いします。

 

関西大会 1回戦(於 ビックレイクB) 対 ラドソン滋賀 U‐15

結果:4対2(2-0、2-2)

1回戦の相手は県予選を1位で通過したラドソン滋賀でした。相手がボールを支配する場面が多くありましたが、これまでの練習の成果を発揮し得点を許しませんでした。前半8分コーナーキックからヘディングに競り勝ち、先制点。35分、相手のDFが処理をミスしたことを許さず、2点目を取り、優位にゲームを進めることができました。後半45分、混戦から相手に1点を返されましたが、慌てることなく対処し68分、70分と立て続けに点を奪うことができ、ゲームの流れを相手に渡さなかったことにチームとしての成長を感じました。76分、相手FWのターンから1点を返されましたがそのまま終了しました。

 

関西大会 2回戦(於 ビックレイクC) 対 大阪市ジュネッスFC

結果:0対5(0-5、0-0)

今年度サンライズリーグ2位の大阪市ジュネッスFCの壁は厚く、前半で5点の大量失点を許し敗退しました。ヘディングで競り勝つ、ウィークポイントを徹底的につく、得点に結びつくようなパスは体を投げ出してでも止める等、前半は相手の流れのままにゲームが進みました。

ハーフタイムで兵庫県を代表してここに来ていること、自分たちの良さを発揮することを確認し、後半では0対0のスコアーで終えただけに残念な前半でした。

今回の対戦で強豪チームとして認知されるために何を追求しなければならないのか、そのヒントを教えられたように感じています。

 

兵庫県大会の結果

2回戦 対 猪名川FC 6対0

3回戦 対 BASARA 3対0

第1代表決定戦 対 ソルブリジャンテ 2対0

高円宮杯2年連続関西大会出場決定! 

2021年10月19日

兵庫県内U-15の全てのチームが競い合う最高位の大会で、FC REAL CORRIDAは昨年に引き続きブロック優勝し、『2年連続関西大会出場』を決めました!

これにより兵庫県代表10チームの内、『兵庫第8代表』として関西大会に出場します!

 

今年一年、コロナの影響で無理な活動(宿泊を伴う遠征及び合宿、県外チームとの交流)は控えることを徹底しました。県内の中体連や交友関係の深いクラブチームのみとの練習試合、また紅白戦とトレーニングが中心で、チームの仕上げに頭を悩ましました。しかし、悲観することなく、できることをコツコツと積み重ねた結果が、今日の優勝です!

この成果は選手の努力は勿論ですが、チームを支えてくださった関係者皆様のお陰でもあります! 本当に応援ありがとうございました!

 

次は、11月3日の関西大会初戦!

1試合でも多く、1日でも長く、今の仲間たちと活動したいと心から願っています!

これからも熱い応援よろしくお願いします!

 

最後になりますが、レアルコリーダに興味を持っている少年たちへ。。。

チーム立ち上げ当初より、セレクションを行わず、「レアルコリーダの選手としてサッカーを頑張りたい!」といった熱い気持ちを持った選手が入団してくれています。

努力することを惜しまず、サッカーと真剣に向き合いたいのなら、是非、一緒にサッカーをやりましょう!

 

〈兵庫県大会結果〉

1回戦 シードにより免除

2回戦 VS猪名川FC 6-0 (〇)

3回戦 VSバサラ 3-0(〇)

決勝(関西決定戦) VS ソルブリ 2-0(〇)

 

〈関西大会1回戦〉

2021年11月3日(祝・水) @未定

VS 滋賀第1代表

2022年度 新入団選手募集開始 

2021年09月07日

2022年度 新入団選手の募集を開始させて頂きますので、募集要項をご確認下さい。
 
 

私達のチームでは、セレクションは一切行っておりません。上手い選手を集め勝たせる責任を負うより、個々を育て努力を重ねた選手達と勝負に挑み、大きな喜びを得たいからです。

成長したい」「上手くなりたい」と、本気で考える選手であれば大歓迎です。
我々の使命は、サッカーの技術は勿論、チーム・個人として「本気が楽しい」という事を、大好きなサッカーから学び、成功体験を積み重ねる事により、明るく前向きな人を育てる事が努めだと考えます。

 

◆2022年度 DIVISION
トップチーム:兵庫県トップリーグ2部(予定)
サテライトチーム:神戸市フェニックスリーグ2部(予定)
U13チーム:兵庫県ルーキリーグ2部 (予定)

 

①9月初旬より、メールにて体験練習(火・金)申し込みを受付け開始致します。

体験練習申込みや、問い合わせは下記のメールアドレスに、ご連絡下さい。

〈 E-mail 〉fc.realcorrida@gmail.com(練習参加申込み)

 
 
② 入団に関しては、入団申込書の提出順になります。
予定人数(25名前後)を超えた場合は、入団をお断りする場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
 
入団希望の方は下記の書類をダウンロードして頂き事務局078-736-1633までFAXし、
申込書の画像を〈 E-mail 〉fc.realcorrida@gmail.comに送信して下さい。
 
1.入団申込書

2.健康状況報告書
  
【特典】

入団申込書をFAX頂いた方から順番に希望する背番号の割り当てをさせて頂きます。
(注:入団申込書に1~25までの希望背番号を①~⑤に記載して下さい。)

確認後、折り返しこちらから連絡させて頂きます。

 

◆若干名ではございますが、新U15&U14選手も継続して募集しています。
環境を変え勝負したい、自分の秘めた可能性に懸けたい選手の力になります!

 
1.入団申込書

2.健康状況報告書
  

【特典】

入団申込書をFAX頂いた方から順番に希望する背番号の割り当てをさせて頂きます。

(注:入団申込書に1~25までの希望背番号を①~⑤に記載して下さい。)

確認後、折り返しこちらから連絡させて頂きます。
  

新年のご挨拶 

2021年01月08日

 

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

2021年の干支である丑「うし」は、芽吹きを迎えようとする年と言われています。

コリーダ戦士たちにとっても夢の第一歩となる一年にして欲しいと思います。

また「うし」は古くから酪農や農業で人々を助けてきた生き物であり、大変な農作業も最後まで地道ながらも手伝ってくれました。そのことから『粘り強さ』や『誠実』が特徴とされています。この特徴に習い試合のホイッスルが鳴る瞬間まで諦めない『粘り強さ』、またチームの約束事を確実に守る『誠実』な集団を目指します。

 

新型コロナウイルスで大変な時期が続いていますが、チーム一同、感染症対策を最優先しつつ活動してまいります。またスタッフ一同においてもチームの発展に全力で精進してまいりますので、熱い応援のほどよろしくお願いします。

第1回クラブチャンピオンシップ総括 

2021年01月08日

 

——————-

2020.第1回兵庫県クラブチャンピオンシップ2次L(U14)結果はこちら(PDFを開く)
2020.第1回兵庫県クラブチャンピオンシップ決勝T(U14)結果はこちら(PDFを開く)

——————-

総括
レアルコリーダは、準決勝で敗れ、県3位という結果で大会を終えました。(対 伊丹 2対2 PK 3-4)
新チームとなって初めての公式戦で、県3位という成績に選手・コーチともに少なからず達成感を持って大会を終 えることができたことを喜んでいます。コロナ禍の中、入場制限があるため、保護者の方にその姿を見ていただくことはできませんでしたが、それまでたくさんの応援やサポートをいただいたことを感謝申し上げます。
大会を通じて、成果も得ましたが、課題も多く見つけることができました。今後、その課題を克服するため、さらに練習を重ねていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 
2次リーグ
成果
レアルコリーダは、高円宮関西大会出場で2次リーグからの参戦となりました。抽選の結果、D組には全て2次リーグからスタートするチームが入りましたが、そこを1勝2分けで負けなかったことは、レアルコリーダが力をつけてきた証拠だと考えます。
特に3戦目、終了間際に1点を取れたことが今回の成績につながったことを考えると最後まであきらめない姿勢が大切だということを痛感させられました。

課題
1勝1分でむかえた3戦目、なんとなく勝てるのではないかという姿勢から、相手チームの戦う姿勢に押され、全 ての面で後手となる状況でした。ゲームに入る前のウォーキングアップをどのように実施するのか、考える必要があるとともに、戦術・技術の前に「戦う姿勢」の必要性を相手チームから学びました。
また1戦目、点差が開いた状態から自チームのつまらないミスからカウンターとなり、2点を献上したことも大きな 反省材料です。

ノックアウトラウンド
成果
2次リーグの反省から、最初から気を抜かずに取り組むことを意識しました。1回戦は点を取れなかったことが課 題として残りますが、落ち着いてディフェンスすれば大きなピンチになることがなく、これまで練習してきたことが間違いではなかったことを証明しました。
2回戦、準決勝ともに1対1では負けていないことに個の成長を感じることができました。

課題
今回の大会全般、得点のチャンスは相手チームより多く作り出すことができたと思います。しかし、ゴール枠に飛 ぶシュートは少なく、勝ち切ることができませんでした。また、個でトライが許される場面でもパスできる相手を探す場面も目立ったので、オフェンス面では個の技量をさらに上げる必要を感じました。
利き足ではない足でのシュート、ファーストタッチの質、走力・筋力の向上も求められます。
また、チームとして同じ方向性で得点を意識することがもっと求められることも分かりました。個の独自の
判断から逆にピンチを招く場面も見られたことも今後修正が必要です。レベルが上がるほど、独りよがりのプレー、消極的なミスを許してくれないことが分かりました。

1 / 712345...最後 »